FUKUNISHI HIROKAZU

Photographer

NEWS

2018年開催の個展 《物質化された時間》 の音響環境の様子をupしました。
もずみみはらのアトリエでの音響
2019 1111 更新




Special thanks to Yokokura Kazuto

2017年に開催した個展《凝集する瞬間》におけるテーマのうちの一つは、「モノクロームとカラーの間に生じること」でした。そこで、モノクロ⇆カラーという視覚的な切替の《瞬間》に生じたように思えた香気を《香り》に、プロデュースして頂きました。写真は《香り》を染み込ませた石膏のキューブです。

20191111 更新



Special thanks to YUKI


福西広和 個展「出来事の粒子」

は終了しました。


会期中は、GALLERY IND.

WEBサイト、SNS、にて

ご高覧賜りまして、誠にありがとうございました。

また機会がございましたら、よろしくお願い申し上げます。

2019年 令和元年 10月27日

福西広和

Special thanks to GALLERY IND.



2019年に終了した個展


福西広和 個展「出来事の粒子」                                                     

Hirokazu Fukunishi "PARTICLES OF THE OCCURRENCE"


https://www.gallery-ind.com/

作家ステートメント

《出来事の粒子》は、そこに《在る》と同時に、《見る》契機となっている。それらは、まだ到来していない《出来事》の兆しなのかもしれない。

 生じたはずの《出来事》について、様々になされる「解釈」は、即座に「画像」となり、「共有」可能になる。  もし、そうして得られた「画像」が、高度なテクノロジーによって、予め分類され、周到にカタログ化されていたことを、顕にしているのなら、それらが、どれだけ鮮明に見えても「制約」からの「選択」であり、類型化された諸相であることは否めない。それでも、そのとき、それらについて、僅かでも何かを感じ、何かが見えていたはずである。

それらは、そのとき、《見える》寸前が見えるように、見えていたのではないだろうか、、、?

生じたはずの《出来事》は、すべての「解釈」を超えているのだろうか、、、?

それらは、意味のない《粒子》によって、微かに見えるように《見える》のだろうか?


これまでの作品
Past


物質化された時間

"Substantialized Time"

2018
GALLERY IND
もずみみはらのアトリエ

作家ステートメント
「見ることができるのは、それを何処かで見たからだろうか?」
「もしそうならば、そうではないことは見れないのではないだろうか?」
「では、見たであろうことに何を見ているのだろうか?」
そのような懐疑から見ると、写真は、意味のない粒子によって、見ることを《物質》に置き換えていると捉えられるかも知れない。
果たして、この置換によって流れる《時間》はあるのだろうか?


もずみみはらのアトリエでの音響

作家ステートメント
「見ることができるのは、それを何処かで見たからだろうか?」
「もしそうならば、そうではないことは見れないのではないだろうか?」
「では、見たであろうことに何を見ているのだろうか?」
そのような懐疑から見ると、写真は、意味のない粒子によって、見ることを《物質》に置き換えていると捉えられるかも知れない。
果たして、この置換によって流れる《時間》はあるのだろうか?


もずみみはらのアトリエでの音響

作家ステートメント
「見ることができるのは、それを何処かで見たからだろうか?」
「もしそうならば、そうではないことは見れないのではないだろうか?」
「では、見たであろうことに何を見ているのだろうか?」
そのような懐疑から見ると、写真は、意味のない粒子によって、見ることを《物質》に置き換えていると捉えられるかも知れない。
果たして、この置換によって流れる《時間》はあるのだろうか?


作家ステートメント
「見ることができるのは、それを何処かで見たからだろうか?」
「もしそうならば、そうではないことは見れないのではないだろうか?」
「では、見たであろうことに何を見ているのだろうか?」
そのような懐疑から見ると、写真は、意味のない粒子によって、見ることを《物質》に置き換えていると捉えられるかも知れない。
果たして、この置換によって流れる《時間》はあるのだろうか?


凝集する瞬間

 "Cohered Moment"

2017

GALLERY IND
もずみみはらのアトリエ


個展コンセプト

脳裏に過ぎる既視感は何を示しているのか?
見たことの見えていたはずの見えないことは見ることを触発し続けている。



個展コンセプト

脳裏に過ぎる既視感は何を示しているのか?
見たことの見えていたはずの見えないことは見ることを触発し続けている。



個展コンセプト

脳裏に過ぎる既視感は何を示しているのか?
見たことの見えていたはずの見えないことは見ることを触発し続けている。



個展コンセプト

脳裏に過ぎる既視感は何を示しているのか?
見たことの見えていたはずの見えないことは見ることを触発し続けている。



個展コンセプト

脳裏に過ぎる既視感は何を示しているのか?
見たことの見えていたはずの見えないことは見ることを触発し続けている。



個展コンセプト

脳裏に過ぎる既視感は何を示しているのか?
見たことの見えていたはずの見えないことは見ることを触発し続けている。



個展コンセプト

脳裏に過ぎる既視感は何を示しているのか?
見たことの見えていたはずの見えないことは見ることを触発し続けている。



個展コンセプト

脳裏に過ぎる既視感は何を示しているのか?
見たことの見えていたはずの見えないことは見ることを触発し続けている。


予兆

"Premonition"

2015
もずみみはらのアトリエ

Copyright ©2019 

Fukunishi Hirokazu

詳しく知りたい方へ